★文字を拡大できます
・Windowsの場合【ctrl】+【+】キー
・Macintoshの場合【⌘】+【+】キー

🔒03.その「次」の宇宙観へ

mi-ke
地球・惑星パラダイムシフト
このカテゴリ一覧を見る
03new universe

 『神話は成層圏で生まれる』の記事で、昔の人々は天地二層で宇宙を把握していたようだと述べました。例として中世ヨーロッパの世界地図を引用しました。また、天動説を検索するとWikipediaには、このような天球図も出てきます。

574px-Cellarius_ptolemaic_system.jpg

 この説明には「神話的要素は皆無」とありますね。天動説とは大地を世界の中心に置く当時の学問的な宇宙論で、神話的に説明されたものではないと。……もちろん、そうですよね。古代でも宇宙論自体は、神話とは切り離されて研究されていたはずです。

 そこを踏まえますと、この記述「神話的要素は皆無」ということは、古代〜中世の時代、神話を元にして宇宙論が考察されていたわけではないとわかりますね。つまり、その逆で、人々の世界の捉え方としての宇宙論(≒天動説)の中で、「神話」が展開されていたと思われますよね。

 (ちなみに、このヘナチョコ神秘学概論では、その点、あくまでも神秘学。宇宙論と神話論をつなぐ考察を展開いたしましょう。)

 古代の人々は、その宇宙という背景に、神話が「起こっている」のを見ていたのではないでしょうか?地上という背景に、草花が伸びるのを見るように。

 前話の繰り返しになってしまいますが、上記のような宇宙論の骨格の中で、天地二層の感覚を、人々はやはり自然に感得していた気が、改めてしてきました。

 今話は、その補足的な与太話です。さきほど興味深い偶然?があって面白かったので、ちょっとシェアをさせてください。

 たまたまHuluで『京都太秦物語』(山田洋次脚本・立命館&松竹映画/2010年)という作品を、おうちで観ていました(京都モノはついつい観てしまいます😊)。内容は、山田洋次さんらしい人情味と切なさが合い混ざる恋のお話だったのですが、その中で、主人公に恋をする大学の先生が出てくるのですが、彼の研究する「甲骨文字」の授業が、まさに古代宇宙論だったのです。

 しかも、それは西洋ではなく、古代中国の宇宙観でした……

◆この記事は有料記事 🔐 です。マガブロを購入していただくと、続きをご覧いただけます(さらに月刊マガブロのご購入で4月更新の記事をすべて閲覧できます)。

 
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
SHARE